スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2011'05.27 (Fri)

UOBookWriter

要望をいただいたので作成しました。

UOの本のデザインを支援するツールです。
汎用テキストエディタとちがうところは、
プレビューを見ながら、UOの本の仕様に合わせて
文章の長さやレイアウトを調整できる点です。
また、パレットから特殊文字も簡単に入力することができます。

uobookwriter.png

UOの本に貼りつけた画像
uobookwriter2.png


☆使い方
原稿の欄に文字を入力するとブックイメージのプレビューが出ます。
ブックイメージを見ながら原稿の細かい調整をします。
プレビューが納得いく形にしあがったら、原稿の文章をUOの本にコピー&ペーストしてください。
ペーストは、UOのマクロでおこなってください。

特殊文字をパレットから入力できます。
いくつかの文字は正しく入力できません。
ユーザーパレットには、よく使う文字を登録できます。
変換が面倒な記号文字などを登録すると、入力の手間を省けるかもしれません。
ユーザーパレットは保存されるので、次回起動時には登録せずに使用できます。

プレビューについて。
UOの本の改行の癖を完全には再現できてないと思います。
そのため、実際のUOの本に貼りつけた結果が、プレビューのものと異なる場合があります。
具体的には、ある時点から改行ポイントがずれることがあります。
その際は、その文章とともに、メールやブログコメントから
報告いただければ、対応したいと思います。


ダウンロード
22:38  |  UOBookWriter  |  TB(0)  |  コメント(7)  |  EDIT  |  ↑Top

2011'01.21 (Fri)

ひとりごと 1/21

私は防具を構成するとき、昔はUOSpecとUOImbueを両方起動してやっていましたが、
いまは、UOSpecのメイン画面だけでやっています。
いまのバージョンは、右クリックメニューのみでほとんど事足りると思います。

今でもUOImbueと併用してやってるという人は、
UOSpecの使い方(http://uospec.blog119.fc2.com/)の
右クリックメニューについてや応用編などを読んでいただければと思います。

次回の更新ですが、来週末くらいにUOImbueとUOSpecを更新予定です。
UOImbueは報告いただいた不具合の修正と抵抗指定作成をできるようにします。
UOSpecは、右クリックメニュー間の連携の強化、
また、後強化構成を手助けする機能をつける予定です。

20:43  |  ひとりごと  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2011'01.02 (Sun)

UOSpecの説明サイト

UOSpecの説明記事が分散しているので、別のサイトにまとめてみました。
使い方をすでに理解している方も、[応用編]などを見てもらえればと思います。

練成の初心者向けの説明もあります。


まだ書きかけのところもあります。


http://uospec.blog119.fc2.com/
06:39  |  UOSpec  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'12.21 (Tue)

[UOSpec]右クリックメニューの説明 12/21更新

■ マーク
 単なる色付けです。
 自由な用途に使ってください。
 マークした後、もう一度マークすると、元の色に戻ります。

■ 練成印
 練成する箇所に色をつけることにより、各機能の入力が楽になります。

uo20101221221703.png

■ Quick練成
 全体の装備を考えていると、手早く練成計算をしたいときがあると思います。
 そんなときに使ってください。

uo20101016135334.png

uo20101015220634.png

 ・[未練成時抵抗に設定]ボタンの説明


  作成ボタンを押したときのHQや武器学のボーナスはランダムですが、
  自分で指定した数値に設定したいときがあると思います。
  その際は、左のグリッド(表)の物理~エネの箇所に数値を入力し、
  [未練成時抵抗に設定]ボタンを押します。
  設定されると、グリッドの上の[未練成時抵抗]というところが設定した数値に書き換わります。

 ・Quick練成で作成したアイテムを保存したい場合は、
  右クリックメニューの[アイテム化して保存]から保存できます。

 ・Quick練成は、過去に作成したアイテムの再練成や強度計算などの用途には使えません。
  手早くアイテムを作成して練成強度計算したいときのためのものです。


 ◎練成印との連携

  練成印をつけてQuick練成をすると、
  uo20101221221734.png


  以下の画像ように練成プロパ(プロパ数 2 強度 200)として認識されます。
  uo20101221221747.png
  

■ 防具作成検索
 [ツール]メニューからも使えますが、練成印をつけておけば、入力が楽になります。
 防具作成検索の説明については、「新機能 防具作成検索」をご覧ください。

 uo20101221221809.png

 uo20101221221831.png


■ アイテム化して保存
 グリッドに仮入力したデータをアイテム化して保存します。

 uo20101016135322.png

23:46  |  UOSpecマニュアル  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'12.21 (Tue)

新機能 防具作成検索

目標の抵抗を達成するには、どの素材を使って、
どんな抵抗のベースを作ればいいか。

そんな機能です。

uo20101221222151.png


簡単に機能の説明をします。

■入力

・まず、種族、箇所を選んで、目標抵抗を入力します。

・抵抗を練成する場合は、練成する抵抗のところの「練成」をチェックします。

・作成確率がボーダー設定値以上のものが表示されます。

■表の見方

◎必要抵抗
 下の画像のハイライトしている作成例では、
 Ringmailの腕をノーマルインゴットで作り、抵抗[9 7 0 0 6]以上のものを作ります。

◎作成確率
 必要抵抗のものを作成できるおよその確率です。

◎練成
 例では、冷気14 毒10を練成するという意味です。
 その左にある数値は、作成後(抵抗練成含む)のプロパティ数です。
 例では、冷気と毒を練成するので2になっています。
 あと3プロパ練成できるとわかります。
 たとえば、もしこれをGoldインゴットで作成していたら、
 幸運と装備条件が付くので、ここの数値は4になります。

◎強化
 例では、Verite強化します。


23:46  |  UOSpec  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  ↑Top
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。